[ホームへ戻る]

その他の節約
【奨学金編】



報奨金制度

日本育英会の第一種奨学金には報奨金制度というものがあります。。

「最終年賦額の返還期日の4年前までに、返還残額の全部(延滞金のある場合は、返還残額に延滞金を加えた額)を一度に返還し、完了したときは、最後の払込金のうちで繰上返済となる金額の10%に相当する金額が報奨金として支払われます。最初から返還期間が4年以下の場合は、たとえ一括返還されても報奨金の対象とはなりません。報奨金にあたる額を差し引いて返還すると返還完了になりません。報奨金も支払われません。」(平成8年度 日本育英会『返還の手引き』より)

借りたお金を早く返したらご褒美におこづかいがもらえちゃうなんてなんていい制度なんでしょう!嬉しい制度ですね。(^^) 
*年度によって違いがあるかもしれませんので、必ずご自分の手引き書をご確認ください。

(2007.12.14追記)
毎月コツコツ貯金をした結果、2007年7月、とうとう奨学金を完済する目処が立ちました。総額126万750円が貯まったのです!早速日本育英会に電話をし、7月の引き落とし日に全額返済する旨を申し出ました。手続きはそれだけ。あとは引き落とし口座にお金を振り込んで終わりでした。
予定どおり、7月の引き落とし日に126万750円が引き落とされ、2ヵ月後の9月21日、育英会から報奨金12万5千50円分の小切手が送られてきました。ヤッター!がんばった甲斐がありました。
無償で借りておきながら(しーちゃんが借りたのは利息がつかないタイプでした)早く全額返済することで報奨金が得られる「報奨制度」は、どこの銀行に預けるよりも高金利です。報奨制度のある奨学金を借りている方には是非ともオススメしたい制度です!
(追記終わり)



応募

日本育英会だけでなく、多くの奨学金制度があります。高校や大学に入学してからもまだまだ募集はありますので、先生からのお知らせや掲示板などはまめにチェックするようにしましょう。大学では「○○県民対象」といったものが多かったです。



応用編

「奨学金を授業料の支払いに充てようと思っていたら、授業料が免除になった!」「アルバイトの稼ぎがいいので、奨学金には手をつけていない」という時は、定期貯金・定額貯金・積み立て貯金などにして、有利に運用しましょう。月に数万円のお金が入ってくるのです。普通預金においておくのはもったいない!








[ホームへ戻る]