[ホームへ戻る]

その他の節約
【お買い物編】



お買物袋
スーパーやお店の袋はいらないといえばスタンプをくれたり、ポイントをくれるお店が増えています。お買い物をしてスタンプやポイントを貯めるより率がよいことが多いので、買い物袋を持参するようにしましょう。

セール品
■その1
スーパーのちらしに書かれている「大セール」や「大感謝祭」「○○限り!」という言葉にダマされないようにします。意外と「普段よりちょっと安いだけ」なんてこともあるからです。同じお店のチラシを何ヶ月分か取っておいて比べてみると、セール商品のサイクルや本当に安い値段(底値)が分かります。お買物はぜひ底値で!
■その2
スーパーに行ってみたらセール品があったからつい買ってしまったけれど、家に帰ってよく考えてみたら必要なものではなかったことに気づいた、なんてことが多い方は、お買物に行く前に買う物を決めてから行くと無駄な買い物を防ぐことができます。
■その3
セール品を上手く利用して献立を立てることができる方は、売り場の片隅に置かれている「おつとめ品」「見切り品」など、賞味期限が近いなどの理由で売られている商品を上手く利用します。1割、2割安いこともあれば、半額以下になることも!
■その4
母はスーパーで売られている200円のマロンケーキや抹茶ケーキが大好きなのですが、自分のために200円もかけるのはもったいないため、半額なのを見かけて家計に少し余裕のある週だったら買うようにしているようです。その母曰く、例えば29日にスーパーへ行って、賞味期限が30日までのマロンケーキがたくさん売れ残っていると、次の日にそのマロンケーキのいくつかが半額になって売られる可能性が高いということ。ただ人気があるそうで、開店から1時間で姿を消してしまうのだそうです。賞味期限のあるものは「見切り品になる予測」をして買うというのも面白いと思います。

コンビニ
■その1
コンビニで売っているものは大抵定価のため高いです。普段からストックすべき品などはチェックに目を光らせておいて、「急に必要になった」と買いに走ることがないようにしましょう。
■その2
コンビニでも賞味期限の近いパンやお菓子などの半額セールをしていることがあります。これは狙い目です。

ケンタッキー・フライドチキン
ケンタッキーでフライドチキンを頼むと、色々な部位が入ってきますが、好みの部位をお願いすると、できるだけ要望に沿ってもらえます。実際KFCでアルバイトをしていたお友達にこの話を聞いて以来、私はもも肉の部分をお願いしています。(^^)

2個ゲット
1品限りの特売品は母と2人で行って、2個ゲットします。実家の方では、日曜日に「卵お一人様1個限り1円」というのがあるので、よく一緒にお買い物に行っていました。

お子さんがいらっしゃる方は一緒に行かれるとよいと思います。

100円ショップ
100円ショップへ行く前に、まずダイエーの88円ショップで探してみます。それでないものを100円ショップで買います。100円ショップでも、消費税のつかないところは1品100円、最近よく見かけるようになったSHOP99(99円ショップ)は消費税がつくので1品103円、消費税のつく100円ショップは105円と、微妙に値段が違うので、安い方から探すようにするとよいと思います。

空腹
普段の食料品を買いに行くとき、お腹が空いている状態でいかないようにしましょう。なぜかいろんなモノが美味しそうに見えて、余分なものまで買ってしまいます。どうしてもお腹が空いているときに買い物にいかなければならないときは、買い物リストを作って行って、それ以外のものは買わないようにするか、コップ1杯の水を飲んでいく、飴を1つなめていくなどして、お腹を落ち着かせておきましょう。究極の方法としては、試食コーナーでお腹をふくらせるという手もあります。

お出かけ
街に出かけると、ショーウインドーには、華やかで魅力的な服や小物が売られています。流行も毎年どんどん変わっているので、目新しいものがたくさん出ていますよね。「あ、これ欲しいな」「このスカート、持ってるカットソーに合いそう」なんて思ったら、買いたくなってしまいます。一度欲しいと思ってしまったら、その欲求を抑えるのはなかなか大変です。また抑えて、抑えて、抑えて・・・ばかりだと、ストレスになってある日大爆発!衝動買いに走ってしまう・・・なんてこともあります。余分なものを買う余裕がないときは、街に出かけたり、ウインドーショッピングをするのはやめましょう。初めから見なければ欲しい気持ちも起こりません。

100円ショップでも
たとえ100円ショップでも、安くていい!と噂のユ○クロでも、用がないときは行きません。こうしてうっかり入って「安いから」と必要のない物まで衝動買いしてしまうのを防ぎます。

ペットボトル
ペットボトルや缶のノミのもを買うのをやめてみましょう。お茶や麦茶などは家で沸かしたものを冷まして水筒やペットボトルに入れていくと、ペットボトル1本あたり数円ですみます。

観光地
観光地で売られているカメラのフィルムや缶ジュースなども割高ですね。できるだけ家から持っていき、無駄のないようにしましょう。

喫茶店
出先で「のどが乾いた〜ちょっと休憩♪」というときは、喫茶店に入らず、ビルのウオータークーラーで済ませるか、少し余裕のあるときはジュースを買って公園で一休みしましょう。

クーポン券
マクドナルドなどはインターネット上でクーポン券がもらえます。プリンターがあることが条件ですが、もしあるなら利用したいですね。(^^)







[ホームへ戻る]