[ホームへ戻る]

その他の節約
【年賀状編】


金券ショップ
金券ショップでは、50円の年賀状が47円前後で売られています。(普通用、インクジェット用の両方あります。)1枚につき3円ほどお得に!10枚買えば30円、100枚買えばなんと300円の節約になります。近くに金券ショップがあるなら、是非利用しましょう。 郵便局でもそうですが、金券ショップでもインクジェット用は売り切れやすいので、早めの購入がオススメです。

クレジットカード
郵便局以外で年賀状を買うなら、クレジットカード払いにして、ポイントを貯めてしまうという手があります。(残念ながら、郵便局ではクレジットカードを使って年賀状を買うことができません。)

インク代
最近はプリンターを使って年賀状を作る方も多いかと思います。(しーちゃんもそうです。)そこでかかってくるのがインク代。何枚も印刷するので、結構バカになりませんよね。多くの色を使っている絵柄だと、それだけインクが必要になってしまいます。できるだけシンプルなものにして、インク代を節約しましょう。

年賀状ソフト
しーちゃんは今までに一度だけ年賀状ソフトを買ったことがあります。この中に入っている住所録がとても便利!名前・住所・電話番号などの管理が簡単にでき、年賀状の宛名を印刷するのも楽々♪とても助かっています。ただ、裏面は毎年干支が変わる&必ずしもソフトの中に気に入った絵柄がないというので悩みどころ。12月頃になると、ネットで様々な年賀状用テンプレートが出回るようになります。「年賀状」「無料」「テンプレート」などのキーワードで検索すると、様々な種類の無料テンプレートを手に入れることができるので、是非検索してみましょう。年賀状用ソフトを買うのは1度で十分だと思います。

スタンプ
プリンターを持っていない・・・という方には、郵便局においてあるスタンプがオススメです。毎年、その年の干支にちなんだスタンプが何種類も用意されており、その場で押せるようになっています。無料で利用できるので、是非活用してみましょう。自分で芋版を作るというのも楽しくていいかもしれませんね。

メール
気の置けない友人には、年賀メールにするというのも手です。PCメールなら無料で送れます。最近は年賀メール用のグリーティングカードなどもたくさん出回っているので、それを利用するのも手でしょう。 「年賀状」「無料」「グリーティングカード」などのキーワードで検索すると、「楽天グリーティング」など、無料でグリーティングカードサービスを行っているサイトが出てきます。各社様々なカードを用意しているので、選ぶのも楽しいです。

出さない
しーちゃんの会社では、若手同士は年賀状のやりとりをしない取り決めになっています。12月に入ると、「お互いに年賀状不要ということにしたいなと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。仕事始めの日に直接(またはメールで)新年の挨拶をさせていただきます。」といったメールが行き来し、「やりとりナシ」の確認をし合います。年賀状好きのしーちゃんとしてはちょっと寂しくもあるのだけど、年賀状代の節約になります。







[ホームへ戻る]