安く買う三原則



お洋服を安く買うためにしーちゃんが利用しているのは、
「セール」「商品券」「フリマ」です。

実家近くの百貨店でお洋服を買っているしーちゃんですが、
基本的に定価で買うことはありません。
夏と冬の2回行われるセールに向け、
日頃からお目当てのお店のお洋服をチェック。
「これがセールになってたら買おう」と心の中で決めています。
セールのときにその商品がなくなってたら?
そのときは「縁がなかった」と思ってスッパリ諦めることにしています。
節約生活に贅沢は許されないのです。(笑)

でも、どうしてもどうしても欲しい物があるときだってあります。
しかも人気の商品で、セールでもないのに残りあと1着・・・なんてことがあったとき。
年に何回もあることじゃないけれど、たま〜にそういうことがあります。
そんなときは値段をしっかりチェックした後、
すぐ金券ショップに走り、値段分の商品券を購入しています。
例えば1万5千円のスカートが欲しいと思ったら、
金券ショップで1万5千円分の商品券を買うのです。
金券ショップでは1000円の商品券が安ければ970円程度で売られているので、
1万5千円分買うと、450円節約できます。
吉野家の牛丼におしんこをつけられるお値段ですね。(笑)
たかが450円、されど450円。
日頃、ポイント獲得活動する中で、
450円貯めるのがどれだけ大変なことか身に染みているしーちゃん。
ありがたく金券ショップを利用させてもらっています。

セールは節約生活には欠かせない存在です。
店員さんと仲良くなると、季節外れのセールを教えてもらえたりなんかもします。
そんなセールはしっかり活用。
少しでも安く買う工夫をしています。

そして、安く買うために忘れてはならないのがフリマ。
これはもう、セールや金券ショップの商品券の比にならないくらい安いです。
基本的に1着千円以内。何百円でお洋服が買えます。
普通のお店ではありえないお値段です。
流行の最先端のお洋服を着たい!という人には向かないかもしれませんが、
そうでなければ、フリマは宝の山です。

フリマで大事なのは、その場その場のとっさの判断。
普通のお店のように、同じ服が何着か売られてる・・・なんてことはないので、
「あ、これいいかも」と思ったら、とりあえず手に取ります。
自分がいいなと思うものは、他の人が同じように思う可能性が高いので、
手を離してしまうともう二度と手に入らなくなってしまうことも。
フリマでのお買い物は一期一会なのです。
なので、とりあえず手に取っておいて、後からじっくり吟味・・・がオススメです。
といっても、お店でお買い物するときより考える時間は限られています。
だからこそ、とっさの判断が大事。
瞬発力が必要・・・という言い方ができるかもしれません。
瞬時に自分のワードローブを思い浮かべ、
あのスカートとあのジャケットに合わせられる!とか、
こういう着方をしたら、自分らしさが表現できるかもしれない、
なんてことを短時間のうちに考えるのです。

・・・といいつつ、しーちゃん自身、手を離してしまった後、
やっぱり欲しいと思ったものの、すでに他の人の手に渡っていた・・・
という失敗がかなりあります。
とっさの判断って本当に難しい。
プロのフリマーになるにはまだまだ精進が必要、ということなのでしょう。

ただ、ワカさんはそういうのが面倒・・・と言っていたので、
万人受けするお買い物の仕方ではないかもしれません。






TOPページへ