[ホームへ戻る]

光熱費節約
【掃除機編】


ほこり
新聞紙を水に浸して、細かくちぎったものを床に撒いてほうきで掃き集め、ちりとりで取ります。こうすると細かいホコリまで取れて掃除機入らず。使用済みのお茶がら(乾いていないもの)も同様に利用できます。

お掃除
集塵袋やフィルターにホコリやゴミがたまったまま掃除機を使うと、モーターに負担がかかり、その分集塵力が弱くなってしまいます。そうすると、掃除機を使う時間が増え、電気代が余分にかかってしまうことに。集塵袋の取り替え、フィルターのお掃除はマメにしましょう。

集塵袋
集塵袋は1回使って捨てるのではなく、中のゴミを掻き出してしまえばまだまだ使えます。少々破れても、ガムテープなどで、キッチリフタをすれば大丈夫!ぼろぼろになるまでまで大切に使いましょう。

掃除機をかける前に
掃除機をかける前は、必ず部屋を掃除しておきます。ちらかったままかけると、モノをどけたり、片づけたりしながらになるので、その分無駄に電気を使ってしまいます。普段床に置いてある座布団やクッションも上にのけておく、必要なら家具も動かしておいてからかけるとより効率的です。

日頃から
掃除機をかけずにすむならそれに越したことはありません。普段から部屋にゴミを落とさないよう、また、髪の毛など見つけたら平って捨てる習慣をつけましょう。

ほうき
文明の利器だけに頼らず、ほうきも使いましょう。畳やフローリングは目にそって掃くのがコツです。ただ、キズがつく可能性があるので、ほうきの材質には注意しましょう。

テープ
宅急便で送られてきた箱を閉じていたガムテープや、必要のないシール、セロハンテープなどがあったら、カーペットをぺたぺたしましょう。髪の毛や埃が取れます。

メリハリ
掃除機の説明書をよく読み、カーペット用、フローリング用の使い分けや強・弱のメリハリをつけてみましょう。

力加減
掃除機は、どんなに吸い込み口を力いっぱい床に押しつけても意味がないそうです。力を入れたからといって、パワーアップはしないそう。(^^; ホコリやゴミを取ろうとして、ついつい力を入れてしまいがちですが、かえって床や畳、カーペットを傷つけてしまうので、やめましょう。それよりも、吸い込み口を「ゆっくり」前後に「静かに」動かす方が効率がよいそうです。
かつて力を入れすぎて掃除機の柄をポッキリ折ってしまった私には耳の痛い話です。(^^;







[ホームへ戻る]