[ホームへ戻る]

化粧品の節約
【手作り化粧水編】


なぜ手作りするの?
 冬になると、オイリー肌の私でさえ、かさかさと乾燥し、ほっぺがピンと突っ張るような感じがありました。しかし乳液などを不用意につけると、吹き出物が出るため、化粧水をたくさんつける必要があったのですが、愛用している某通販メーカーの化粧水は小瓶入りでした。悲しいかな、貧乏性の私にはどうしても減っていくのが気になって、たくさん使えなかったのです。
 当時、すでにカナダ留学が決定していました。そして何人もの方に「カナダは日本より乾燥するから対策グッズは必需品よ」と言われたのです。日本にいてさえ、チビチビ使って乾燥気味なのに、カナダでそのままのお手入れを続けたら、お肌がぼろぼろになっちゃう!これはなんとかしなくっちゃと思いました。
 そんなとき、テレビで化粧水が手作りできるということを知ります。普通で買えば1本数千円するのが、手作りだと数百円。かなりの敏感肌の私は、今までの経験から、高くても肌に合うとは限らない、と思っていたので、安くて自分の肌に合うなら、その方がいい!と思い、試しに作ってみることにしました。


化粧水の作り方
化粧水を作るにあたって、カナダの水道水は日本のモノと違うこと(カルシウム分が多いです)、ホワイトリカーなどは売られていないことを考慮に入れ、精製水を使ったもので作ることにしました。


<材料>
 蒸留水 100cc  グリセリン 10ml  エタノール 10ml


<作り方>
材料を1つの容器に入れ、よく振って混ぜるだけです。

<使用上の注意>
その1
指定の量だけではまだ潤いが足りない、かさつく感じがする、というときは、化粧水をつける量を増やすか、グリセリンの量を多めにしてみてください。
その2
お肌に合わなかったときは即刻使用をストップしてください。
その3
ボディローションとしても使えます。冬場のかさかさお肌にどうぞ。
その4
美白効果など、特別な効果はありませんので、必要な方は市販の化粧水をお使いください。私は上手く組み合わせて使うようにしています。







[ホームへ戻る]