1か月単位で考える



毎日何気なく買っているものってありませんか?
例えばペットボトルのお茶。
コンビニでは1本147円で売られています。
出勤する日は毎日買うとすると、
1ヶ月で147円×20日=2940円。
月約3千円もお茶につぎ込むことになります。

毎朝、最近流行のコーヒーショップに行くのが習慣、なんてことありませんか?
1杯250円のコーヒーを出勤する日は毎日買うとすると、
1ヶ月で250円×20日=5000円。
月5千円もコーヒーにつぎ込むことになります。

会社の設備にもよるけれど、
無料で利用できるコーヒーや紅茶、お茶のシステムがあるなら、
それを大いに利用しましょう。
会社が用意してくれているものならそれらは全部タダ。
ペットボトルのお茶やコーヒーを買わなくなるだけで、
1ヶ月で約8千円ものお金を節約することができます。
8千円光熱費を節約するのは大変だけど、
お茶を買わないようにするだけなら簡単です。

毎日お昼休みは外へランチに行くのが習慣、なんてことありませんか?
出勤する日は毎日800円の定食屋さんに行くとすると、
1ヶ月で800円×20日=16000円。
なんと1万6千円もお昼代にかかるのです。
手作りお弁当なら1食多くても300円以内くらいでできます。
ちょっと頑張って作ってみませんか?
毎日は無理でも週1日から始めてみてはどうでしょう?
お弁当用に頑張って作るのは大変だけど、
夜ご飯の残り物を詰めるだけでも十分!
是非チャレンジしてみてください。

ペットボトルのお茶1本、コーヒー1杯、1回の外ランチなら、大した額ではありません。
でも、それを毎日続けると、1ヶ月では「え!こんな額になるの?!」
っていうくらい大きな金額になってきます。
1つ1つが小さな額だけに気がつきにくいけれど、
1ヶ月単位で考えてみると、その額の大きさに気づくことができます。
更にそれが1年、5年、10年と積み重なっていくと、驚くほど大きな額になります。
例えばペットボトルのお茶なら1年で3万6千円、5年で18万円、
10年買い続けるとなんと36万円にもなるのです。

時にはささやかな贅沢として、もしくはちょっとしたご褒美として買うのはいいけれど、
毎日となるとちょっともったいない気が。

毎日何気なく買っているものを一度チェックしてみましょう。
そして、1ヶ月、それにいくら使っているのか計算してみましょう。
きっと節約できる項目が見えてくるはずです。






TOPページへ