[ホームへ戻る]

フリーマーケット
【売ってみよう!】



フリーマーケットで買うのに慣れてきたら「自分もお店を出してみたいな〜」と思い始めることでしょう。「あのお店で売られていたあんな食器セット、うちの押入の奥で眠っているわ」とか「あの洋服もう着ないけど、捨てるにはもったいなくておきっぱなしにしてあるんだよな〜」とか、おうちで眠っている商品ののことを思い出したりなんかして。(^^) それらはすべて金の卵です。ぜひ「金(きん)=お金」にかえましょう!


出店場所の決定・申し込み
「いつ・どこで・何時から開かれるか?」という情報を事前にゲットしましょう。定期的に開かれている会場なら、一度足を運んで会場の雰囲気をつかんでおくといいでしょう。どんなお客さんがきているのか、出店している人はどんなものを売っているのかなどをチェック。もし、家の近くに複数のフリマ会場があるのなら、自分の商品はどこで一番売れそうか見極めます。会場によって商品や客層に微妙な差があって、なかなか面白いです。お店の人に直接話しかけて、どんなものが売れているか、主催者はどんな感じかなど聞いてみるのもよいと思います。

出店する場所を決めたらいよいよ申し込みです。必ず出店日時・出店料・雨天時の対応などを確認しましょう。出店料は地域や主催者によって異なりますが、無料〜5000円くらいまでが一般的です。最近は主催者がHPを持っており、そこである程度の情報を得ることができます。独自のルールなどもありますので、しっかり読みましょう。申し込み後、メールで出店者証が送られてくる場合もあります。当日忘れずに持っていきましょう。


準備しよう!
■商品の準備
売る商品を準備します。商品が汚れていると、売れなかったり、値切られる可能性があるので、できる限り取っておくようにします。洋服にはアイロンをかけます。クリーニングしてあるものはお店のタグを取らずにそのまま出します。新品でタグがついているものも、タグは取らずに出します。靴などは磨いてきれいにしておきます。家電製品は動くかどうかチェック。もし「動かない」となると、後々トラブルに発展しかねません。しっかり準備をして、楽しいフリマの下地を作りましょう。

■品物を入れる袋の準備
お客さんに品物を入れて渡すための袋を準備します。デパートで買い物したときに入れてくれる紙袋やビニールの袋などが一般的ですが、中にはスーパーの袋という方もいらっしゃいます。出店慣れしている常連さんなどは、それ用に袋を購入されている方も。「こういうのじゃないとダメ」というのはないので、とりあえず家にある袋をかき集めて持って行くとよいと思います。(^^)しーちゃんはデパートでもらった袋などを中心に、大・中・小合わせて30枚くらい持って行っています。お客さんの中には「大きなカバンできたからいらない」という人や「他のお店でもらった紙袋に入れるから」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃるので、思ったより必要ないことが多いです。

■釣り銭の用意。
このくらい持っていけば絶対大丈夫!というのはないけれど、しーちゃんは硬貨で3000円分、1000札を10枚持っていくようにしています。両替できる場所はないので、つり銭の用意は必須です。
目安としては
・硬貨:100円玉15枚、500円玉3枚以上。
・お札:1000円札10枚
くらいだと思います。
(10円単位で値切ってくるお客さんもいるので、10円玉も10枚くらい用意しておくと安心です。)

■値付けをします。
基本的に自分が付けたい値段をつければよいのですが、値切られる可能性もあるのでそれを考慮に入れて付けておくのがよいと思います。値切られずにそのままの値段で売れればラッキーですしね。(^^)
目安としては
・新品の洋服は定価の10分の1くらい、新品の食器は定価の5分の1くらい
・中古品の場合は千円未満。100円〜500円くらいのものが多いです。

洋服などは1000円を超えると「高い」と思われる傾向があるようです。コートやジャケットなどなら千円以上で売られているものも見かけますが、2千円を超えると売れ残る可能性があります。形の古いスーツや靴などは安くても売れ残る傾向があります。

値札は必ず付けておくようにしておきましょう。お客様の中には値段がついていないと購入をためらう方もいらっしゃいます。値段を聞くのが恥ずかしい方も。付箋などを使って見やすくはっきりと書きます。値段だけでなく、おすすめのポイントを簡潔に書いておくのも効果的!ブランドの名前や「新品」「未使用」など、セールスポイントをアピールしちゃいましょう。お友達と出す場合は付箋の色などを分けておくと、後からお金の集計のときなどに便利です。

■敷物の準備
敷物(レジャーシート)は十分な大きさのものを用意します。もし大きなものを持っていなければ、小さなものを何枚か使用するでもOK。キャンプ用のテーブルやハンガーラックなどがあれば、より立体的なディスプレイになりますが、これらは必ずしも必要というわけではありません。基本は敷物の上に並べる!です。
もし、ハンガーラックを使用するなら、ハンガーはできるだけ色や形を揃えると、見た目に整然として、綺麗に見えます。

■文房具類の用意
予備の値札やセロテープ、はさみや色マジックなどの文房具類を持っていっておくと、値段を下げたりつけかえたりするのに便利です。また、お客さんの波が引いているときに「この箱ALL100円」なんて大きな札を作ったりすることもできます。

■お友達にも声をかける
商品を多様化しさせるため、お友達と一緒に出したり、商品を預かったりします。預かった場合は出店料はいくらか、お金はどうするかなどをきちんと説明して決めておきましょう。

ここまでできたら明日に備えてゆっくり寝ましょう。


売ってみよう!
もしできるなら、お弁当・水筒はできるだけ持っていくようにしましょう。会場近くにお店や自販機があるとは限りませんし、買いに行く暇がないくらい忙しくなるかもしれません。備えあれば憂いなしです。(^^)

屋外でするときはかなり日焼けします。焼けたくない人は、日焼け止め・帽子・日傘・キャンプ用のかさなど、出来る限りの対策をしていきましょう。

■指定の時間に集合
指定の時間に間に合うように行きましょう。駐車場から会場までの距離が遠い場合もあります。余裕を持って到着するようにしましょう。
また、会場によっては開催時間になるまでお客さんの入場を制限してくれるところもありますが、公園などで開催の場合は、準備中にお客さんがやってくることもあります。まだディスプレイしていないのに、運んできた荷物の箱を勝手に開けられる・・・なんてことも。そうしてバタバタしているうちに、盗難などのトラブルに巻き込まれることも。(;;)落ち着いてディスプレイするためにも、早めの会場入りがオススメです。

■服装
物を運んだり並べたりするので、動きやすい服装でなければなりませんが、手抜きファッションにならないように注意しましょう。お客さんによっては、売っている人がどんな人かをチェックしていることがあるからです。


<さあ!売ってみよう!>
いよいよ販売開始。今日は商売人です。「いらっしゃいませ」と言ってみましょう。(^^) 最初はめぼしいものから売れていきます。
時々思わぬモノが売れてびっくりすることもあるけれど、それも売る楽しみの一つ。自分にとっては不要なものが人にとっては必要なものだったりするんですね。(^^)

<困ったときの対処方法>
■無茶な値切り方をしてくるお客さんが来たとき
無茶な値切り方をするお客さんには、「他の商品も一緒に買ってくださったら安くしますよ」と提案したり、あまりにもひどい値切り方の場合は「お友達からの預かり物だからこれ以上は安くできないんです。ごめんなさい。」ときっぱりお断りします。周りにいるお客さんは必ずそのやりとりを聞いているものです。「このお店はすごく安くしてもらえる!」と判断されると、どんどん値切られてしまいます。ある程度の値引きや交渉は必要ですが、限度を超えていると思ったときには、はっきりした態度をとることも必要です。しかし「そんなに安くはできませんっ!」と怒ったように付き返してしまうと、「このお店は愛想が悪い」というレッテルを貼られ、お客さんが寄ってこなくなる可能性もあるので、あくまでも表面上は穏やかに、笑顔で、でもハッキリ「これ以上は無理です」と示すことが必要です。
・・・と書きましたが、10年以上フリマに通っている私でも、そんな無茶な値切り方をしてくるお客さんに会ったことはほとんどありません。皆無ではありませんが、周りのお客さんが「そりゃアンタ、値切りすぎやわ」と援護してくれたりして、すんなり収まったように思います。

■商品を壊されたとき
お客さんに一番近い場所にガラスのコップを置いていて、割られたことがあります。雨の次の日の屋外フリマで、子供にドロだらけの靴で商品の洋服を踏まれ、売り物にならなくなったこともあります。ガラスのコップのときは、お客さんの方から弁償します、といってお金を置いていってくださいました。子供に踏まれた洋服は泣き寝入り。(;;)このようなときの対応は難しいなぁと今でも思います。商品に関するトラブルには一切関与しません、という主催者が多いので、自分で何とかしないといけないのが現状です。

■売れ行きが悪くなったとき
1.ハンガーにかけてあるものを下に並べたり、箱にまとめて入れて、宝探し風に演出してみるなど、レイアウトをかえてみます。ハンガーからおろして広げると随分印象が変わるようで売れることが多いです。また、箱の中に入っているものは探ってみたくなる人が多いようで、箱作戦もなかなか効果的です。箱の外に「この中100円均一」といった大きな値札をつけると、更に目を引くようです。
2.1人のお客さんが見ていると、なぜかつられて次々お客さんはやってきます。複数人で出店しているなら、自分がサクラになってみるのも手です。お客さんのフリをして商品を見ていると、他のお客さんが寄ってきてくれたりします。
3.時間が残り少ないようだったら思い切って値引きをします。赤のペンなどで「値引きした」ということが目立つように書きます。
4.「箱の中全品100円で〜す」とか「食器全品半額で〜す」など、声を出して注目を集めます。「あの店は何かやってるらしい」と人が集まり始めたらしめたもの。声を出すのはちょっと恥ずかしいですが、効果は抜群です。


終了
終わったらきれいに掃除をして帰りましょう。中にはゴミを持って帰ってくださいというところもあるので、そういったルールはきちんと守りましょう。おうちに帰ったら楽しい、計算が待っています。

今日はいくら売れたかな?







[ホームへ戻る]