出店記録
アート&ライフマーケット2009 in 宝塚 <その5>



アート&ライフマーケット開催まであと2日。


マリコが関西入りしました。
大きな結婚式用の袋2ついっぱいにリースを詰め、
高速バスでやってきたのです。

ポプリのリースはとても繊細なもののため、
宅急便で送ることができないのはもちろん、
バスで運ぶことにも不安がありました。
不用意に力が加わると、リース台にくっつけてあったポプリが、
折れたり、取れたり、壊れたりする可能性があるからです。
グルーガンを使うようになり、
ただボンドでとめていた頃に比べると強度は増しましたが、
それでもどんなハプニングが起こるか分かりません。
頑丈なダンボールにでも入れて運べば話は別だったかもしれませんが、
それではしーちゃんの家まで運ぶのにかさばりすぎます。
引き出物袋が潰れないことを祈りながら運びました。
ハラハラ・ドキドキのバス移動でした。

幸い、マリコが乗ったバスは乗客が少なかったため、
下の荷物入れの中に余裕を持って入れてもらえたようです。
周りのスーツケースなどに潰されるといったこともなく、
全て無傷で無事到着しました。ほっ。

リースについてはしーちゃんが9月に帰省した際、
もう一袋同じような袋いっぱいに持ち帰った分があったので、
全部で3袋になりました。
詳しい数は数えていなかったのですが、
(数えておけばよかったと後悔してます・・・。)
大小合わせて最低でも50個以上ありました。
60個前後はあったんじゃないかなぁ。

ディスプレイ用の台や小物、買い物袋などの備品類は、
かなりかさばる上に重かったので、
数日前に宅急便でしーちゃん宅に送られてきていました。

しーちゃん宅に到着後、マリコはとあるものをチェック。
それは、しーちゃんが持っていた巨大シャンパンの入っていた木箱でした。
高さ70cmほどのそれを、ディスプレイ用に使う予定にしていたのです。



一応、事前に写真を送って確認はしてもらっておいたので、
こういう風に使おうかなという案はマリコの頭の中にあったようです。
が、実物を見てみると、どうやら思っていたのとは違っていたようでした。

「思ったより小さい・・・」

ガッカリするマリコ。
これでは思っていたようにリースが飾れません。
このままではいけないと思い、急遽、近くのスーパーへ行きました。
そこでもらってきたのはダンボール。
ある程度の高さがあり、リースをもたせかけたり、
上に乗せて飾ることができる大きさのものです。
表面には英字新聞を張り、ダンボールであることを隠しました。
一面だけはフタをせず、開放したままに。
わざとそうしたのですが、これの開放部分が後から重宝しました。

下の写真は実際に会場で使用したときのものです。
まずは前から見た写真です。
前にリースが飾ってあるので、あまり目立ちませんが、
ポプリを立てかけて飾るのにとても役立ちました。



次は裏から見た写真です。



開放部分にコマゴマとした文房具などが入っています。
まさに「舞台裏」といった感じですね。(笑)
この開放部がとても重宝しました。
お客様からは全く見えませんが、
すぐ手の届くところに必要なものを置いておくことができたのがよかったです。
即席で作ったものだったけれど、いいアイディアでした。


つり銭を入れる入れ物としては、小さな木箱とシルバーの缶を用意。
マリコが気に入る方を使ってもらおうと思っていました。
木箱の方は大きさや高さがちょうどいいということで、
つり銭入れとしてではなく、ディスプレイに使うことになり、
シルバーの缶をつり銭入れにしました。

つり銭入れについても、お隣のブースの方は、
ちゃんと10円、50円、100円、500円と分けて、
しかも並べて入れられる入れ物を用意してらっしゃいました。
お店などで使われているちゃんとしたやつです。
もしかしたら他のイベントで出店されたことがあって、
そういう道具類はもう取り揃えていらっしゃったのかもしれません。
それにひきかえ何もかもが初めてで手探りの私達。(^^;
まま、お隣と比較しても仕方ありません。
売ってる商品もキャリアも違うでしょうから、
私達は私達らしく、私達なりに頑張ることにしました。

ポプリが到着し、備品の準備も万端。
マリコも関西入りを果たしたし、
いよいよ本番へのカウントダウンが始まりました。
あぁ、だんだん緊張してきた!!!






>>TOP PAGE