出店記録
アート&ライフマーケット2009 in 宝塚 <その11>



リースはほぼ完売状態だったので、
車に積み込んだのはディスプレイ用の備品や、
余った紙袋、その他こまごました文房具だけでした。
搬入したときと違って荷物が軽い、軽い!


「大量に売れ残ってたら帰りが辛かっただろうね」


なんて、笑いながら話しました。
そんな風に話せるのもたくさん売れたからこそ。
3人とも超ご機嫌でした。


そうそう、紙袋は一応余ったことは余ったのだけど、
あまりにもリースが売れたので、品切れ寸前になっていました。
なので、後半は「紙袋がなくなったらどうしよう」
と、ハラハラしながら販売していました。(笑)
今回の売り上げを軍資金にして、
夢の「自前紙袋購入」が実現できるかもしれません。


準備して、搬入して、今日は一日中立ちっぱなしだったはずなのに、
(椅子が2脚あったので座って接客してもよかったようなものなのだけど、
何となくそうはしたくなくて、結局最後まで立ちっぱなしでした。)
不思議と疲れは感じませんでした。
それはマリコもつーちゃんも同じだったよう。
3人ともとにかくテンションが高くて、
ワイワイしゃべりながら帰路につきました。


・・・あれから2週間。
イベント直後はとても興奮していて、どこか夢見心地だったのだけど、
少しずつ「本当に売れたんだ」という実感が沸いてきました。
そして、反省点も見えてきました。

一番の反省点は値札です。
手作りの値札に穴を開けて糸を通し、リースにつけてあったのですが、
お客様からはパッと見て分かる値札ではなかったようです。
そのせいか、「ここ値段ついてないわ」
と去って行くお客様が少ないながらもいらっしゃいました。
やはり商品を買うにあたって、値段は重要だと思います。
誰が見ても分かりやすい場所に、ハッキリと書いておくべきだったと反省しています。

勉強になったこともありました。
ディスプレイの仕方です。
リースは立てて売るのが基本です。
今回は元々持っていた小物を利用したり、
あきさんに協力してもらって、即席の「立て」を作りましたが、
他の出店者さんのディスプレイを見てみると、
トレリスや台などを用いて、高さのあるディスプレイをされていました。
高さのあるディスプレイは、お客様の目に留まりやすく、
また、商品同士が重なって見えないのが利点です。
これは是非マネしたいなぁと思いました。


今回の出店を通して、
たくさんのお客様にマリコのリースを気に入っていただけたことが、
本当に本当に嬉しかったです。
マリコのリースをお買い上げくださった皆様、
本当にありがとうございました。
そして、HPやブログを通して応援してくださった皆様、
皆様のご支援のおかげで最後までこれたのだと思います。
心からお礼申し上げます。


その後、会場にきてくださっていたとある方の目に留まり、
マリコのリースをその方のお店で販売してみませんか?
とのお誘いを受けました。
実際にお受けするかどうかは分かりませんが、
本当にありがたいお話だと思います。
マリコのリースが認められたようで、しーちゃんも嬉しいです。


数日前にマリコはリース作りを再開したようです。
しーちゃんも裏方仕事を始動。
具体的に次はいつ、どこで出店するかは決めていませんが、
その日に備えて準備は着々。今からワクワクしています。


アート&ライフマーケットに出店して、本当によかったです。
貴重な機会をくださったサンケイリビング社の皆様に感謝いたします。
できれば来年も是非出店したいです。
また頑張って「商品説明」の原稿を書かなくっちゃだな。(笑)


今回、自分がこのイベントに参加するに当たって、
去年・一昨年出店された方のブログやHPがないか、色々検索して回りました。
初めて参加するイベントだったので、少しでも情報が欲しかったのです。
しかし、「出店します!」という案内はたくさん見つけることができたのですが、
出店した「結果」が書かれているものはほとんどなく、
あまり情報を得ることができませんでした。

来年出店する人の中にはきっと私と同じことを思う人がいるに違いない、
そんな人たちのために、実際に出店してみてどうだったのか、
できるだけ詳しく書いた記録を残しておこう!

この出店記録はそんな気持ちから書いたものです。
この記事が誰かのお役に立てるといいなぁと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2009.11.11)






>>TOP PAGE