[ホームへ戻る]

出店記録
【2009年9月】



次回は10月に出店・・・と思っていたのですが、
夏服の売れ残りが相当数あったので、
まだ気温が高めの9月に思い切って出店しちゃうことにしました。
前回も前々回も売り上げがよかったので、
それに味をしめて・・・というのもあります。(笑)

その夏服ですが、前々回の売れ残りだったためか、
前回はほとんど売れませんでした。

なのにまた出すの?!

という感じなのですが、今回は作戦があります。

それは「100円均一セール!」。

これは主催者さんのお店でよくやっているのですが、
売れ残りの洋服を100円や50円均一で売り出すのです。
すると、「100円均一」という言葉につられて、
お客さんがたくさん寄って来てくれます。
そして、300円では売れなかった服たちも飛ぶように売れて行くのです。

主催者さんの均一セールは何度も見たことがありますが、
いつも大盛況でした。

今回はうちでもそれをやってみよう!というわけ。

しーちゃんが帰省した際、100円で売ってもいいと思う夏服を、
家で使っていない収納ケースに集めておきました。

ああ、これで売れ残りの服が売れてくれるといいんだけど!


前回、夏服が売れなかったもう一つの原因に「お隣のお店」がありました。
右隣のお店がとにかく「激安!!!」を売りにしているお店だったのです。
それはそれはびっくりするくらいの激安価格で売っていました。
出店者さんと少しお話をしたのだけど、売り上げが目的ではなく、
とにかく不用品整理ができればいいと思って、とのこと。
私達のお店は決して高く値段をつけているわけではなかったけれど、
(多分普通のフリマ価格だと思います。)
すぐお隣が激安だと、どうしてもお客さんには高く感じられてしまいます。
お店を会場のどの位置に出すかはある程度決めることができるけれど、
お隣がどんなお店になるのかは当日になってみるまで分からりません。
この辺はもう「運」としか言いようがないのだけど、
もし、今回のお隣さんが激安でなければ、きっと前回よりも売れるはず!


また、前2回は同じ会場で出店したので、今回は違う会場を選びました。
お客さんが変わればきっと前回よりも売れるはず!


そんな期待と作戦を胸に今回の出店となりました。


値付けは帰省したときに少しずつしていたのだけど、
それでも全然間に合わなくて、出店前日に一日かけてがんばりました。

値札はワードで作って印刷し、カッターで切って作りました。

100円均一にする服には、他の洋服と区別できるように白い紙をつけました。
(写真を撮り忘れていましたが、とっても簡単なものです。)

この値段だったら売れるかな?この服はちょっと値下げしたくないな、
なんて色々考えながら、マリコの意見も取り入れつつ値付けしました。
そんな出店準備もまたたのし☆


出店当日。


お天気はくもり。(^^;

しーちゃん達が出店する日はなぜかお天気に恵まれません。
室内だから絶対開催はされるのだけど、客足が心配です。
まま、今回は雨が降っていなかったので、そんなに影響ない・・・
と信じてレッツゴー!


いつもは前日に荷物を積み込むのですが、
今回はワカさんが運転してくれることになったので、
当日の朝、荷物を積み込みました。


初登場のワカさんです。


いつもの母マリコです。

もちろんしーちゃんもちゃんと荷物を運んでいますが、
たまたま写真を撮るのがしーちゃんなので、
しーちゃんが荷物を積み込んでいる写真はないのです。(^^;


会場についてすぐお店作り。
今回のお店は↓のような感じになりました。



100円均一コーナーは↓のような感じ。



100円均一をアピールする大き目の値札もバッチリ。(笑)



さぁ、お店作りが終ったら他の出店者さんのお店めぐりです。
一般のお客さんが入って来る前なので、のんびり見られたのですが、
今回は特に欲しいと思えるものがありませんでした。

とりあえず一目ぼれした可愛いシュシュを1つ80円で購入。
(趣味の違うワカさんには不評でした。(^^;)

マリコも特に何も買わなかったようです。
残念だけど、安いフリマだからといって無理して買うのは節約精神に反します。
何も買わない勇気もプロのフリマーなのです。(笑)


さてさて、そんなこんなで開店時間。
お客さんがドドドーっと入ってきました。
前回出店したときより人数が多そうです。
しーちゃん達のお店にもどんどん人が群がってきました。





服も奪い合うように見てくれています。





あまりにも人がたくさん来て、
どんどん商品が売れていったので、
マリコもしーちゃんも大忙し!
これ以上写真を撮る余裕がなくなってしまいました。(^^;



そんなこんなで1時間半・・・。



売れに売れまくって、あまりにも売れすぎ、
商品がほとんどなくなってしまったので、撤収することにしました。


その前に一応他の出店者さんのお店を見て回ることに。
いいものが売れ残っていたら買おうという魂胆です。(笑)

色々見て回って、しーちゃんは元々1500円で売られていた新品の男物パジャマを、
なんと500円で購入。

閉店間際ってみんなガンガン値段を下げてくれるのです。

実際のところ、閉店間際までいい商品が売れ残っている可能性は低いのだけど、
元値が高い美品が運良く売れ残っていることがあります。
しーちゃんの買った新品パジャマはその典型。
フリマで千円以上出して買おうというお客さんはなかなかいないので、
新品で綺麗なのに売れ残っていたよう。

マリコはマグカップとスリッパをこれまた捨て値価格で購入したようでした。
元の値段を聞いてみると、確かにマグカップにしては高いな、
スリッパにしては高いな、というお値段。
だから売れ残ってたんだな、と納得しました。


一通り見終わってホントに撤収。
マリコもしーちゃんもぐったり。
でも心地よい疲れでした。

(後から撤収前のお店の写真を撮っておけばよかったと思いました。
 竜巻が去った後のようになっていました。)


今回の目玉、洋服の100円均一セールは大成功でした。
「この箱の中の洋服100円均一で〜す!」と呼び込みをしたのもよかったようで、
声を聞いて「どれどれ?」と見に来てくれたお客さんがたくさんいました。
みんな奪い合うように洋服を手に取って見てくれました。
買おうかどうか迷っているお客さんも
「まぁ、100円だし、失敗してもいっか。」
と言って買っていってくれました。
100円というのは魅力のある価格のようです。
これは使える、と思いました。(笑)

ただ、反省点もありました。
大きめに作った100円均一の値札は、
服に埋もれてほとんど見えなかったのです。(^^;
衣装ケースの内側につけていたのが失敗だったと思います。
次回は衣装ケースの外側に立てるような形のものにしようと思います。

また、100円均一のものには何も書いていない白い紙をつけていました。
私達自身が100円のものと分かればいいと思ってそうしたのですが、
結構「これは100円?」と聞かれました。
「衣装ケースの中の服100円」とはしていたものの、
お客さんが激しすぎて、ケースの外に飛び出す服も多々あり、
お客さんにどれが100円なのか分かり難くなってしまったようです。
次回からは100円のものにも値札をつけようと思いました。


今回は本当にびっくりするくらい売れました。
お客さんが全然途切れなかったし、
ずっと売れ続けていた感じです。

「これが決め手だった!」

というのは分からないけれど、

「これがよく売れた理由かな?」

と思えるものはいくつかあります。


1つ目は先ほど書いた100円均一セールです。
これ自体が魅力的だったのはもちろんですが、
「集客効果」の役割を果たしてくれたように思います。

不思議なもので、たくさんお客さんの集まっているブースには、
なぜか更にお客さんが集まる・・・という現象がおきます。

「あんなに人が集まっているのだから、
 きっといいものが売られているに違いない」
 
という心理が働くようです。
今回、100円均一目当てで来てくれたお客さんを見て、
更にお客さんが集まってくれました。

お店に何か目玉になるものを置くとよいということかもしれません。


二つ目はカゴを利用したことです。
これも写真を撮っていなかったのが悔やまれるのですが、
雑貨の一部を2つのカゴに入れて売りました。

人はカゴに入っているものはとりあえず探ってみてみたくなるらしく、
前2回の出店時には見向きもされなかった商品が、
カゴの中に入れただけで掘り出され、どんどん売れていったのです。

並べていれば商品は見てもらえる・・・

というのは間違いのようです。
見てくれているようで、案外見てもらえていないのですね。
やはり手に取って見てもらえた商品の方が売れるのだと思います。
そういう意味で、カゴというのはいい方法なのかもしれません。

同じ商品でも、ただ並べているだけでは売れなかったのに、
カゴに入れてまとめてみたら売れた・・・

とても不思議な現象だけど、次回もやってみようと思います。


三つ目は両隣のお店。
右隣のお店はとても高い値段をつけているお店でした。
お客さんは立ち止まって見るのだけど、値段を見て去って行くのです。
途中から値下げしたようですが、
それでもまだ普通より高い値段のようでした。
実際、「隣は高すぎる」と言っているお客さんもいました。
隣が異常に高いので、うちは普通のフリマ価格だったのだけど、
安いと感じてもらえたようです。これはラッキーでした。

また、左隣のお店はあまりたくさんの商品を置いていないお店で、
しかも扱っている商品は子供向けのもののようでした。
そのため、うちのお店とお客さんの取り合いになることがなかったようです。
これまたラッキーでした。

どんな人が隣で出店しているかは運なのだけど、
今回は私達にとっていいポジションだったようです。
前回があまりいい場所ではなかったので、
今回は本当によかったです。


四つ目はやはり会場自体を変更したことかもしれません。
前2回は同じ場所で出店したので、

「この商品前に見たことがある」
「この出店者さん知ってる」

と思われたのかもしれません。

しーちゃんの地元はかなりフリマが盛んなので、
買う人も常連さんが多ければ、出店者にも常連さんが多いです。
しーちゃん自身がお客さんで買い物に行っているときも、
常連の出店者さんのお店でずっと売れ残っている商品を見かけることがあります。
そういうのを見ると、そのお店の商品ってちょっと見る気がしなくなるのです。

「売れ残りをまた売ってる」

って思っちゃうんですよね。
逆に自分が出店者になったとき、そう思われてしまったらもう売れません。

今回はわざと違う会場にしてみたのですが、
前2回とは、全く異なるお客さんだったので売れたのでしょう。

また、前回の会場より、お客さんの数も多かったように思います。
近くに大型商業施設が併設されていることもあって、
会場としてもいい会場なのかもしれません。


そんなこんなで、今回の売り上げはなんと9540円でした!

1時間半でこの売り上げは驚異的です。
あと30分粘ってたら大台に乗ってたかな。(笑)


たくさん売れたので、足取りも軽く、お祝いランチに行ってきました。
ワカさんが行ったことがない、ということだったので、
今回も前回と同じイタリアンレストランです。一人お値段950円。

最後のカプチーノを飲みながら、
今回のフリマはホントによかったね!
と労をねぎらいました。


次回は2月くらいに冬物の在庫一掃セールをしようかと考え中です。
雑貨がほとんど売れてなくなってしまったので、それをどうするかが課題です。
雑貨は隅でちょこっと売る程度にして、
お洋服メインのお店にしてもいいかもなぁ。
う〜ん、どうしよう・・・。

そんな作戦を練るのもまたたのし!
これだからフリマはやめられません。(笑)







[ホームへ戻る]