日本での二人<交通費編>


大好きなあの人に1分でも1秒でも多く会いたい・・・そう思うのは自然なことですよね。そんな二人の前に立ち塞がる「交通費」の壁。ホントにものすごくお金がかかるんですよね。そんな交通費について、普段二人が工夫していること、気をつけていることなどを紹介したいと思います。


■できるだけ安い方法を探す
飛行機、電車、夜行バス、フェリー・・・。様々な方法があります。その中で、それぞれが出している割引サービスや期間限定商品などを研究。値段と時間と自分たちのフトコロ具合を比較検討して決めています。関東−四国で遠距離していた時は、青春18切符を使って旅したことも。遠距離は交通費がとても高いし、飛行機で○時間・・・とか時間もかかるけれど、「これで行くと安く行けるみたい!」なんて相談ができるのは遠距離恋愛ならではですよね。安さを追求するもよし、情報収集に励むもよし、どちらにしても二人で協力して楽しんでしまいましょう!
関西ー四国になってからは、高速バスが安くて早くて体力消耗が少ない!と3拍子揃っているので、そんなに探したりしなくなってしまいましたが、、やっぱり時々航空会社のHPや電車の時刻表は時々チェックして、お得情報を探してしまうのは、節約家としての悲しいサガ?!(笑)交通費のことを話し合っていると、普通ならしにくいお金の話が自然にできるようになるので、いいことだと思います。


行く方が出す。その代わり・・・
基本的に交通費は行く方が出しています。その代わり、一緒にいる間の滞在費などは、来てもらっている方が出す・・・という感じになっています。でもしーちゃんがカナダ貯金のためせっぱ詰まり気味なときは、あきぷが助けてくれます。「出せる方が出す、それでいいんじゃないかなぁ」とあきぷはいつも言ってくれているのですが、あきぷの方がたくさん出してくれている気がします。(^^;


二人で移動のとき
関西で遊ぶときは、移動は電車が多いです。そのため、回数券を使ったり、定期で行ける範囲で遊べる場所を探したり、金券ショップで「スルッと関西」を買ったり。都市圏は金券ショップがたくさんあるので、とっても助かっています。ときどきしーちゃんがあまりにも「金券ショップ」にこだわりすぎるので、あきぷにたしなめられることがあります。会える時間は限られているので、金券ショップへ行くための時間と、節約できる10円20円。そのときに応じてどちらを取るか、二人で話し合うようにしています。


車のときは
しーちゃんが住む県はなんと電車が走っていないので(汽車だけなのです)あきぷが来てくれたときは車を使います。特にしーちゃんが車を持つようになってからは、いろんなところへ行きまくり!あまり行動派ではなかったしーちゃんも、県内はかなり走り回って大分詳しくなりました。運転も随分上達したしね。(笑)ガソリン代は行く先々の安いところで入れます。しーちゃんが住んでいるところは高めなので、そこより高いということはまずありません。景品にはこだわらないのでできるのかも。
気をつけているのは、普段もそうなんだけど、余分な荷物を乗せないこと。あきぷが持ってきた着替えなどの荷物も、そのときの行動に合わせて家に置いて出かけたりします。長距離を走るから、長い目で見れば、随分差が出てきますよね。そして何よりも安全運転!これに限ります。(^^)