夢の実現に向けて


なぜカナダに行きたいのか?
一言であらわすのは難しいです。敢えていうなら、カナダが好きだから・・・で しょうか。
私がカナダ人と初めて出会ったのは、英会話学校ででした。当時私は、某外国語大学に通っていました。 外大に通っているのに、なぜ英会話学校に通う必要があるの?と思われるかもしれませんが、フランス語を専攻していた私にとって、英語は「第二外国語」。授業数も少なく、それ程英語を話したり、書いたり、読んだり・・・という機会はなかったのです。当然、英語力はみるみる低下。EXTRAで英語に関する講座を取ったりもしましたが、昔ながらのリーディングの授業が多く、やはり限界 がありました。
「英語を話せる場が欲しい」
そうして英会話学校に通い始めたのです。以来数年のブランクはありますが、約3年半ほど同じ英会話学校に通いました。そして偶然にも先生はみんなカナダ人でした。今まで5人のカナダ人先生に教えてもらったけれど、そのみんなが私は大好きです。知り合いができるとやっぱりその国のことは気になりますよね。TVなんかでその国のことが報道されていると、今までは気にもとめなかったのが、ふっと耳にとまるようになったり、新聞で見たら思わず読んでしまったり。また、私の専攻語はフランス語でしたから、英語とフランス語を公用語に持つカナダにより一層惹かれていったのは、自然の流れだったのかもしれません。

大学時代は4年間を学寮で過ごしました。3年生になったとき、新しく留学生と日本人との混住寮が 完成。幸運にも抽選に通り、3、4年生の2年間をこの寮で過ごしました。私のお隣にはベトナム、ロシア、アメリカからの留学生が住んでいました。友達でいるということと、生活を共にするということは少し違います。キッチ ンや冷蔵庫、お風呂などを共同で使っていましたが、時には生活習慣の違いにびっくりしたり、怒りたくなるようなこともありました。自分が「日本人として」見られたり、話しかけられたりする機会も多くあり、最初は戸惑いながらも、いかに自分が日本のことを知らなかったかを自覚。日本について勉強したり、時には日本という国を背負って各国の留学生と激論する・・・なんてこともありました。大変なこともあったけれど、ここで過ごした2年間は、他では得られないものを
得ることができた、とても大切な時間でした。日本とは異なる文化、習慣、言語を持つ人々と共に暮らす中で「国際化」「世界」という言葉の意味を少しずつ感じ、理解し始めたような気がします。カナダは様々な国からの移民を受け入れ、多くの民族、人種が住んでいます。私大学の寮という小さな集団の中でさえ、国の違う人々と暮すということは、大変なことだったのに、カナダはそれを国単位で行っているのです。経済や政治といった、複雑な問題もあるだろうに、1つの国としてやっていっているというのは、本当にすごいことだと思いました。また、不思議だとも思いましたし、、興味深いとも思いました。

カナダに行こうと思って数年。中学時代の友人曰く、中学校時代から「行きたい!」と言ってたらしいです。本人は覚えていないのですが、やはり当時から心惹かれるものがあったのでしょう。「カナダへ行きたい!」そう思い続けた期間は意外と長かったです。色々事情があって、なかなか行けずにいましたが、2001年4月、やっと実現します。したいことをがまんしてコツコツと貯金できたのも、やっぱりカナダへ行きたい気持ちが強かったから。言葉 には上手くできませんが半端な気持ちではありません。今までずっと支え、応援してくれたみなさん、ありが とうございました。(特に地図を貸してくださってぽぽさん、スーツケースをかしてくださったあきさんママ、猫 の検疫や留学中の生活について教えてくださったBoopy's Mom(katuko)さん、そして、留学に関するさまざまなことについて相談に乗ってくれたアキヨン。ホントにありがとう!)
あきさんとは超遠距離になってしまうので、周りの人にはいろいろ心配されていますが、本人たちは案外あっけらかんとしています。今までも遠距離だったけど、何とかやってきたし、何とかなるでしょう。(笑)かつて関東?四国で遠距離していたときは夜行バスで9時間かかっていたのが、日本ーカナダなら、飛行機で8時間。考えようによっては近くなりましたし。(笑)幸い、今は便利な時代で、インターネットという便利なものが普及。私もVAIOを持っていきます。カナダは日本よりもネットカフェが発達しているので、自分の電話線が引けるまではそちらを利用することも可能です。
憧れ続けたカナダでの生活。その準備から生活までこのHPで紹介していきたいと思います。もちろん、そんな十分な資金を持っていくわけではないので、節約生活も健在です。カナダ人伝授のあっと驚く節約技が あるかも?! それもまた紹介していますね!



written 2001.2.1(2001.4.4一部修正/2001.7/16一部修正)






>>TOP PAGE